特定疾病保険金

ビジネス09

 

 

特定疾病保険金とは、特定疾病になった場合、生前に主契約で死亡保険金と同額の保険を支払うとした生命保険金をいいます。

 
何を特定疾病とするかでありますが、3大疾病といわれます、がん・急性心筋梗塞・脳卒中が主として取り扱われています。
これらの疾病は、死亡原因の上位を占めるだけでなく、高額な治療費を要することもあり、患者にとりましても、治療費のことを考えれば、病気に対する脅威だけでなく、ゆっくりと治療に専念することも出来ず、大きなリスクになります。

 

リスクに備えるために開発された、この保険の特徴は、治療費に充当することで、特定の疾病になったら、生前に保険金が給付されるのが、最大の特徴です。

 

但し、がんの場合、がんと診断されても悪性新生物だけという条件がありますし、急性心筋梗塞や脳卒中でも60日以上社会復帰出来ない状態という条件がありますので、注意は必要です。

 

又、特定の疾病以外の病気や、災害で死亡した時、或いは高度障害状態になった時も、特定疾病と同額の死亡保険金・高度障害保険金が支払われることになりますので安心です。

 

但し、保険金は重複して支払われることは無く、保険金が支払われた時点で、保険契約は消滅することになります。

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.