支払保険料の課税関係

ビジネス04

 

個人の所得に対して課税されるのが所得税ですが、これは1月1日から12月31日までの1年間の所得が対象となっています。しかしながら1月1日から12月31日までの1年間の所得すべてに課税されるわけではなく、一定の割合が控除の対象となっておりすべての所得から控除の対象となる金額を差し引くことが認められています。所得から差し引くことを認められた控除のことを所得控除といいますが、この控除の対象となっているものには10種類あり、医療費や生命保険などの支払保険料がこれに該当します。

 
一般的な会社員の場合、所得税については会社側が手続きを行い源泉徴収というかたちで給与からあらかじめ所得税が引かれています。そのため、生命保険料などを支払っている人の場合、所得控除を受けるには年末調整を行い、所得控除に該当する支払いについて申告をする必要があります。

 
生命保険料を支払っている人の場合、生命保険料控除とて所得から一定額を差し引くことができますが、平成24年1月1日以降に加入した保険に関しては最高で4万円までの控除を受けることが可能となっています。さらに生命保険料に加えて介護医療保険料や個人年金料も控除の対象となっており、それぞれ最高で4万円までの控除を受けることができます。

 

 

 

 

Comments are closed.