生前給付金

ビジネス女性01

 

生命保険は大きく分けて3つに分類する事ができ、第一分野の保険から第三分野の保険が存在します。まず第一分野の保険が生命保険、第二分野の保険が損害保険、そして最後の第三分野の保険が医療保険やガン保険、介護保険等が上げられます。この第三分野の保険が近年注目を集めており、非常に重要な保険へと変わって来ています。

 
医療保険には病気や怪我に備える医療保障を目的とした保険や、死亡時の死亡保障を目的とした保険等がありますが、その中でもリビングニーズ特約と呼ばれる生前給付金も注目されている制度の一つです。この制度は病気や怪我の種類に関わらず、被保険者の余命が6ヶ月以内と診断された場合に、死亡保険金の一部もしくは全額を生前に前払いする特約の事を指します。このリビングニーズ特約に関して、付加するための保険料は発生しませんので、余命を判断された際に活用する事が出来る制度となっています。

 

保険金を自分でどのように使うかを選択する事が出来ますので、自分で生前に使うのか、残された遺族に保険金を残しておくのか等それぞれの人に合った選択が出来る様になっています。近年注目を集める医療保険にはこういった特約が存在していますので、知識として持っておく事でいざという時に活用するかしないかの判断をする事が出来るでしょう。

 

 

 

 

 

Comments are closed.