入院給付金

ビジネス08

 

いくら自分で気をつけていても、突然降りかかってくるのが病気や怪我です。病気や怪我に関しては公的な医療保険制度が用意されていますが、病気や治療の種類によっては医療費として多額の請求をされてしまうケースもあり、そのような場合に備えて民間の医療保険やがん保険に加入している人は多いのではないでしょうか。

 
病気や怪我によって手術や入院をすることになった場合、民間の医療保険やがん保険では、それらの費用を保険会社に請求することで手術給付金や入院給付金を受け取ることができます。そのような場合に心配になってくるのが、このような給付金は課税の対象となってしまうのかどうかです。

 
前述した給付金の受け取りに関しては、給付金の受取人が被保険者や配偶者、被保険者の直系血族、あるいは生計を一にするその他の親族である場合、給付金が支払われる原因が身体の傷害に基因しているという条件に該当するのであれば、非課税という扱いとなります。つまり、上記の条件であれば給付金を受け取ったとしても税金を納める義務は生じないということになります。

 
また、医療保険やがん保険だけではなく、共済の加入によって支払われる共済金に関しても同様に非課税の扱いを受けることができます。

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.