高度障害保険金

世のビジネス10中に多く存在する各種生命保険等に関する用語の中で、高度障害保険金という言葉を耳にした事があるでしょう。保険に関する説明を受けている時等、将来の起こりえるリスクに関する話しの時等によく聞く言葉であるが、具体的にどういった障害が対象となり、どういった保障を受ける事が出来るかといった事をここではご紹介します。

 
この制度は被保険者である人が、責任開始日と言われる保障対象となった日から、病気や怪我等が原因となり引き起こった障害の場合、死亡保険金と同額の保険金を受け取る事が出来る制度です。ここで注意が必要なのは、最初の責任開始日となる保障が開始された日よりも前に引き起こった病気や怪我が原因となる障害に関しては保障範囲から外れます。

 

そしてここでの障害とは両方の目の視力を完全にかつ永久的に失った場合や、後は言語関係や肢等に関する症状が対象となります。ここでも注意が必要なのは、障害と一言で言っても、対象となる障害がありますので、すべての障害が当てはまるわけではない事を理解しておきましょう。

 
この様に障害に関しての制度はいくつも存在していますので、まずはどの障害が当てはまるのか等を知る事で、具体的な保障を知る事が出来ます。

 

 

 

 

 

Comments are closed.